BLOG

Autodesk ジェネレーティブデザイン使い放題

Autodesk ジェネレーティブデザイン使い放題

 

Autodesk社のジェネレーティブデザインが12月31日まで使い放題です。

通常は解析をかける時と解析結果のデータをダウンロードする場合に

クレジットが発生します。

12月31日までは使い放題なので、いろいろと試してみました。

保持ジオメトリーと障害物ジオメトリーを設定して、荷重と拘束条件を設定します。

生成コマンドで解析をスタートします。

候補がいくつか表示されます。

その中から結果を選定し、STL化して形状をダウンロードします。

 

有機的な形状が出来上がりました。

設定自体は簡単ですが、まだまだ試行錯誤中です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP